看護求人方法メリットデメリット!

「ハローワーク」看護師求人のメリットデメリット

保険会社のメリット
・とにかく情報の信用度が高い。
・公的機関なので安心。
・情報量が多い。
・ハローワーク内のインターネットで無料で探せる。
・情報をコピーし持って帰れる。
・担当者が紹介病院に電話をかけてくれる。(特別な交渉はしない)
看護師求人のデメリット
・窓口まで行かなければいけない。
・ハローワークに情報を公開している病院が決まっている。
・担当者が病院専門のノウハウを持っていない。
・担当者によって対応にバラツキがある。

「看護師求人の人材紹介」のメリットデメリット

保険会社のメリット
・求人が検索機能で探しやすい。
・看護求人情報に詳しいアドバイザー・コンサルティング担当が付いてくれる。
・特に面接以外は交渉はしてくれるので楽。
・行政ではない未公開の病院などもいっぱい紹介してくれる。
・紹介サイトよるが就職決定で得点が付く場合がある。(例えば10万円もらえる等)
看護師求人のデメリット
・採用が決まると病院側が求人サイトにお金を払うので人情的にすぐやめづらい。

「看護師求人サイト」のメリットデメリット

保険会社のメリット
・求人が検索機能で探しやすい。
看護師求人のデメリット
・内容が広告の詳細なので詳しい情報がわからない。

「看護協会」看護師求人のメリットデメリット

保険会社のメリット
・協会という事で民間のような商売気がない。
・看護師専門の求人のみを扱っている。
・詳細情報がハローワークよりも詳しく載っている。
・就職した際、病院の金銭面のマイナスがないため居易い。
看護師求人のデメリット
・協会なので検索サイトの使い勝手が悪い。
・看護師求人は多いが介護系が多いなど情報の偏りが目立つ。
・協会の担当者も結局病院の情報に詳しくない。

看護師求人「病院・関連施設」に直接電話メリットデメリット

保険会社のメリット
・病院側に金銭が生じないので求人サイトと同時の場合、面接が通りやすい可能性がある。
・自分の家の近くの病院を特定できる。
・誰にも迷惑を掛けない。
・友人などの紹介の場合はスムーズに事が進む事がある。
看護師求人のデメリット
・専門的に知識がないので給料、労働時間などそのまま病院側が出した情報で就職してしまう。
・募集を締め切ってる場合がある。
・労力がかかる。
kangokangosi

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ